Google Data Studioの個人的に便利だと思った使い方

Google Data Studioの便利な使い方

どうもSyalakuです。
今回は無料で使えるBIツール「Google Data Studio」の個人的に便利だと思った仕事での使い方について紹介したいと思います。
無料で使えるBIツールとしてGoogle Data Studioの導入を考えている方の参考になれば幸いです。

1.Google Data Studioとは

Google Data StudioとはGoogleが提供している無料のBIツールです。(BIツールはビジネスインテリジェンスツールの略称で、データを分析・可視化することでマーケティング等の意思決定を助けるためのツールです。)
Googleが提供しているツールになりますので、Google AnalyticsやGoogleスプレッドシート、Google Adwordsなどとも簡単に連携することが出来るのが特徴ではないでしょうか。

2.Google Data Studioの使い方について

無料のツールになりますので、特に登録等は必要ありません。(Googleアカウントぐらい?)
Google Data Stuidoにアクセスして、こちらの画面からテンプレートを選択するか、空白のレポートをクリックすれば使うことが出来ます。

その後データソースの追加を行います。「新しいデータソースを作成」から連携したいデータを選択し、データを追加します。Adwordsとアナリティクスのデータを一緒に見たいなど、複数のデータが欲しい場合は必要に応じてデータソースを追加してあげればOKです。

3.Google Data Studioの個人的に便利だと思った使い方

リスティング広告結果の可視化

普段の仕事ではAdwordsやYahooプロモーション広告などのリスティング広告の運用を行なっておりますが、日々の広告配信結果を確認する際に、数字で見るよりもグラフで見た方が変化に気付きやすい場面が多々ありました。しかしながら、リスティングの管理画面上では最大で2つの指標しかグラフで見ることが出来ませんでした。
そこで、Google Data Studioと連携し、複数の指標の広告配信結果を一度に確認できるダッシュボードを作ることで、リスティングの管理画面上で指標を切り替える手間を減らすことが出来ました。

私はこのような簡単なグラフにして可視化をしています。一度にClick,Impression,CTR,CV,CVR,CPAの全てをグラフとして可視化できるので、異常値等や直近の傾向等も把握することができ、とても便利です。フィルタオプションもあるので、特定のキャンペーンに絞るということも可能です。

なお、画像で赤字で囲ったデフォルトの期間を自動に設定しておくと、期間の機能によって日付を変更してデータを見ることができるので、グラフごとに個別で期間を変更したいという場合でなければ自動にしておくのが良いと思います。

参照元/メディア別の流入可視化(Google Analytics)

これは上記とほぼ同じ内容にはなってしまいますが、Google Analyticsと連携し、参照元/メディアごとのグラフを作り、各参照元/メディアに異常値がないかなどを一覧で確認できるようになるため、SNSでのバズりやスパム等にも気づきやすくなります。

まとめ

Google Data Studioの個人的な便利な使い方のご紹介でした。
どちらも、細かい一部の異常値や変化を機敏に察知するためのものになります。
私自身まだまだ使いこなせているわけではないのですが、参考になれば幸いです。

P.S.BIツールで有名なTableauを解説している本です。
BIツールの使い方の参考になります。

The following two tabs change content below.
Syalaku

Syalaku

中二病Webマーケター。漫画とスポーツと音楽が好きな多趣味人間です。このブログのSEO面の担当をしています。普段はリスティング広告がメイン。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してもらえると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)