Wp-Xで独自ドメインを使用したwordpressサイトをたてる

こんにちは、日々Gと戦うまみたすです。
Wordpressで簡単なサイトを作る必要があり、早くて安いサーバを探していたところWp-Xが良さげだったので使ってみました。
めちゃくちゃ簡単なので、初心者にもおすすめ!

海外からの申し込みには確認が必要

これは盲点だったのですが、海外IPから申し込める日本のサーバって意外と少ない…?

wp-Xを海外から申し込むと、「【wpX】■重要■サーバーアカウント『hogehoge』のお申し込みについて」というタイトルのメールがきます。

海外IPからの登録だと全員に来るみたいです。

下記のような文言があったので、一応こちらの事情を添えて、必要な項目を埋め、返信しました。

■メールでご連絡いただく場合
以下の内容をご記入のうえ、ご返信ください。

▼ご返信いただくもの (ご契約意思確認)
———————————————-
・サーバーID:

・ご契約名:
・郵便番号:
・ご住所:
・お電話番号:

お問い合わせ番号 : hogehoge

 

土曜日でしたが、30分程度で返事が返ってきて、「そういうことならいいっすよ」と無事登録完了。

 

ネームサーバー情報を変更する

お名前.comでドメインをとったので、管理画面に行き、ドメイン一覧>ネームサーバー>変更する
ネームサーバー

 

プライマリネームサーバー:ns1.wpx.ne.jp

セカンダリネームサーバー:ns2.wpx.ne.jp

を入力し、登録。

n

 

反映はだいたい30分程度でできました。

 

wpXの管理パネルより、Wordpressの新規インストール

 

新規インストール

 

wpXの管理パネルにログイン。左メニューのWordPress管理>新規インストール をクリック。
情報をいれていきます。

サイトアドレスには、先ほど登録したドメインを。

wordpress

 

「確定」ボタンを押すと、すぐにインストールが始まります。

私の場合はページが見れるようになるまで20分くらいかかりましたが、これでwordpressのインストールは終了!

めちゃくちゃ早い。便利!!

 

 

海外IPの人は、セキュリティ設定を見直そう

海外IPの人は、インストールしてそのまま使用しようとすると、管理画面アクセス時にaccess deniedされるかと思います。

WordPress管理>WordPress設定から、「ダッシュボードアクセス制限設定」をOFFにしておきましょう。
WPX管理画面

 

 
記事のボリュームが残念なことになるくらい簡単でしたね!

The following two tabs change content below.
まみたす

まみたす

1992年生まれ。知識ゼロ文系女子からSEになっているところ。 カメラ、猫、お酒、旅行がすきです。
この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してもらえると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)